過払い金返還請求と任意整理

過払い金返還請求と任意整理

利息制限法では、10万円未満の借り入れでは20%、10万円以上100万円未満では18%、100万円以上では15%と金利の上限を定めています。
ところが、改正前出資法では金利の上限が29.2%と定められており、この上限を超えていなければ刑罰に処されることはありませんでした。この間の金利をグレーゾーン金利と呼びますが、多くの金融機関ではこのグレーゾーン金利が設定されていたため、過払い金が大量に発生していました。

現在では出資法が改正されて上限金利が20%となったため、グレーゾーン金利の問題はほとんどなくなりました。



しかし過払い金返還請求の時効は、最後の返済をしてから10年なので、返済中の人はもちろん、すでに完済をしている人でもまだ返還請求をすることができます。


過払い金返還請求をするときの注意点として、過払い金を計算してもなお返済困難な借金が残っている場合には、原則として任意整理をすることになります。

任意整理をすると、金融事故となるので個人信用情報に事故情報が記録されてしまいます。

魅力の高いInfoseek ニュースの情報が必要なタイミングで手に入ります。

現在では過払い金の返還請求をしただけでは事故情報が記載されることはなくなりましたが、任意整理をする場合には事故情報が記載されてしまうので注意が必要です。払いすぎたお金の分を差し引きしたら借金を完済できている場合や、無理なく返済できるようになる場合には任意整理の必要はないので大丈夫です。

レイクの過払い金が評判になっています。

もちろん任意整理を行なうことにもメリットはありますが、デメリットもありますのでよく考えて行なうようにしましょう。

Copyright (C) 2015 過払い金返還請求と任意整理 All Rights Reserved.